FC2ブログ

雪の箱庭

「狼陛下の花嫁」二次小説を書いています。SNSで書いたものを掲載します。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

正しい夫婦の姿…? 4

皆様、新年明けましておめでとうございますm(__)m
本年も、我がブログを宜しくお願い致します。

続きです♪

黎翔の両親(つまり国王夫婦)がしていた事って―――
寝台に連れて来られた夕鈴は―――?!

――――――――――――――――――――――――

「…っ、えっと、それで、陛下のお父様とお母様は一体どんな事をしていたんですかっ?」

だが、目の前の兎は、気丈にも挑戦しようと言うらしい。
そこまで言うなら、と黎翔は妖艶に笑う。
――この間の続きも兼ねて…かな。さて、夕鈴はどこまでなら大丈夫なのか……
黎翔は少しだけ小犬に戻し、夕鈴にもう一度問う。

「夕鈴…―――知りたい?」
「え…」
「僕の両親がしていたこと。」
「あ…えっと……―――はいっ!知りたいです!教えてください!」

僕に見下ろされながら、夕鈴はそう言うものだから、やっぱり罠だと知っていても試したくなる。
先ほどより色濃く妖艶に笑いながら狼に戻し、黎翔は夕鈴の頬を撫でる。
その黎翔の様子に、今までも赤かった夕鈴の顔が更に赤くなる。
まるで、大輪の花のように。
それにぷっと笑いながらも、黎翔は頬を撫でる事は止めようとしない。
どころか、そのまま指で耳まで撫でる。

「―――ッ?」

どうやら夕鈴は耳が弱いみたいだ。
そういえば、僕が耳元で話す時も、よく顔を赤くしてたっけ。
その事を思い出しながらも、黎翔は「悪戯」を止めない。
この間と同じように、夕鈴の手を取り、指先に口付ける。

「―――っっ!」

ピクンッと夕鈴が反応する。
その反応が楽しくて、夕鈴の額に口付ける。

「~~~っっ」

あたふたするも、抵抗はしない。
ここまでは以前と同じ。
では、これは――――――?
黎翔が更に近づくと、夕鈴が口を開いた。

「~~~あ、あのっ。陛下っ?これは前と同じですよねっ?お父様とお母様も同じことをしていたのですかっ?」

本当に?本当に?
前と同じ事をしていると言う事は、以前の陛下も無意識にお二人の事を思い出していたのだろうか。
黎翔が、父である先々代の国王と母であるその妃の夜の事情など『知らない』で、ただ『悪戯』を仕掛けて試しているだけという事を知らない夕鈴は、単純にそう思った。

「――ああ、そうだ。」

夕鈴の言葉に、少し彼女から離れた黎翔だったが、再び顔を近付ける。
そして先ほど夕鈴の額を口付けた唇は、夕鈴の顔を通り過ぎる。
そして「そこ」に自分の唇を触れさせる。

黎翔の言葉を聞き「そうなのか」と思っていた夕鈴は、黎翔が顔を近付けた事に気付かなかった。
耳に陛下の吐息を感じる。

「―――え?ちょ、へい…」

何だかくすぐったいんですが…と言おうとした夕鈴の言葉は、黎翔の次の行動で封じられる。

「―――ッ!!?」

黎翔は耳たぶを甘噛みする。
その後、ぺろりと噛んだ部分を舐める。

「―――ッ、~~~ッッ!!!」
「―――夕鈴?」

夕鈴がビクンッと反応し、その身体が硬直する。
黎翔は唇を耳元から離し、夕鈴を見下ろす格好となる。
さすがにやりすぎたかな…?と思った黎翔は、硬直した夕鈴の様子を見守った。
そして、徐々に震えだした夕鈴が、目をぎゅっと瞑り、震える唇で言い放つ。

「きっ……!」
「き?」
「き、気持ち悪いですっ!!」

―――――――――――――――――――――――

…あれ(; ̄▽ ̄)?
年始めから陛下可哀想じゃね?

…とか思いましたが、別にいいや、と思うほどには、私はドSだと思います(キッパリ


5へ続く

スポンサーサイト

*Comment

NoTitle 

年明け早々<気持ち悪い>(இдஇ; )って・・・・
かわいそすぎね、陛下。

ドSさきさん見参でしたのね^^
今年もドSで♪←
  • posted by ママ 
  • URL 
  • 2014.01/04 14:36分 
  • [Edit]

ママ様へ 

また凄い絵文字で…(笑)

うふふ(^u^)
陛下にはやっぱり落ち込んだ顔が(自粛
  • posted by さき 
  • URL 
  • 2014.01/05 11:28分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

さき

Author:さき
さきと申します。
「狼陛下の花嫁」の二次小説を書いています。
楽しんでいただけたらと思います。

四季の風景時計

訪問者数

現在の訪問者数

現在の閲覧者数:

最新記事

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

右サイドメニュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。