FC2ブログ

雪の箱庭

「狼陛下の花嫁」二次小説を書いています。SNSで書いたものを掲載します。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第1話感想

皆様お晩です( ̄▽ ̄)

さて。

ちょいと更新が開きそうなので…

今のうちにSNSで掲載した原作感想でも移行しようかと思います( ̄▽ ̄)
大したことは無いんですがね( ̄▽ ̄)
私なんかの感想で楽しんで頂ける奇特な方がいらっしゃったら・・・と。←


SNSでは最初は箇条書きで感想を述べたり、そのうち実況中継風になったりしまして。
ちょいちょい更新していたんですが…
お話を書くのに夢中になり、そのうち忙しくなって何もできなくなったら、
事実上の終了となりまして( ̄▽ ̄)←

でも、やり始めたことならちゃんと最後までやりたいな~・・・
ということで!
こっちのブログで細々と書き始めようかと思います!

まずは移行して、それからちまちま書こうと思います。

では、まずは第1話から!
SNSからそのまま持ってきました(;'∀')

書き方は特に指定なし、ということで。

斜字は、ブログで付け足した文章になります。

―――――――――――――――――――――――――

1巻の第1話。

・狼陛下の花嫁バイト

→そもそも「花嫁」にバイトとかあるんかい! …というツッコミから始まります(笑)何故夕鈴が選ばれたのか…これは未だに原作で明らかになっておりませんね。やっぱり真面目で誠実な人間だからかな?人間的に信頼できると。まあ、どっちにしろ「こんなことありえない」と夕鈴が言っているように、普通はあり得ないですよね。
でも話的には面白いのでOK←

・陛下の「兎」発言

→ここからずっと夕鈴は「兎」扱いですが、そもそも最初から言われてますね。やっぱりこの髪型かな?でも、この髪型どうなってるんだろう…?自分でやってるんだよね。ご教授願いたい。

→ちなみにSNSの自宅のアルバムに、一つ縛りだけど自分でやってみた写真があります!
あちらの国民の方で、興味のある方はどうぞ!(と、宣伝してみる(笑)←おい)


・狼陛下の「演技」

→ここでちゃんと夕鈴に教えておけばヨカッタノニ。
後悔先に立たず?いやでも最初は怖がってたから無理かな。あとはまだ信用できるか見極めてたかな。(・_・)?

・夕鈴の「お仕事がんばります」

→給料分ですけど(by夕鈴)。まあ妥当。給料分以上は働けない。というか給料はいくらなんでしょう、李順さん?そこが知りたい。
いくら演技って知っても、「嘘をついたり フリをしてでも 国を守ってるってことでしょ?」って言える夕鈴はかっこいいと思います(^O^)
そして個人的にはこの「給料分頑張る」発言が、陛下が気が緩んだ最初の一歩かな…と思います。

・大臣とのにらみ合い

→まわりくどいの嫌い!これは同感!遠まわしに言われても知らんぷりします。自分なら。そして「ごきげんよう」って言って涼しい顔で立ち去る(シュッ)(゜))<<

・囮作戦(陛下と李順さん)

→この時点での李順さんの言い分はわかる気もします。夕鈴的には嫌ですけども。
ここで「契約事項」という言葉が出てきました。一体どんな契約事項があったのか…いつか本誌で出て…くるわけないか。


…長い!こんなはずでは!
でも書きます。…ここでこんなに書いていいのかな?
疑問です。

・夕鈴立ち去ります

→なんでここで陛下追いかけなかったんだろう…?李順さんに責任押し付けてる場合じゃないですよ!(←あれ?お小言になってきた…)

・大臣との対決

→…夕鈴冷静だね。縛られて殺されそうになったら、人はパニックになってもおかしくないんだけれども。…下町で慣れ…てるわけないよね。じゃあ何故?…まあいいか。

・陛下と最後の挨拶

→下町の服着てる(足元見える服だから)から、やっぱり帰ることになってたんだよね。最初読んだ時には疑問に思わなかったけど、陛下も李順さんも帰す気ではあったんだよね?なのに借金で引きとめられて…。
ああ、夕鈴可哀想(T_T)

「詐欺だー!!!」って言葉は一番しっくりきますね。
怒らせたのはそっちなのにって。

―――――――――――――――


・・・( ̄▽ ̄)

何だか淡々と書かれて…

そうか。
最初の頃はこんな感じで書いていたのか( ̄▽ ̄)ワスレテタ←

第2話感想は、近いうちに更新しておきます( ̄▽ ̄)♪

それでは(@^^)/~~~



第2話感想



スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

さき

Author:さき
さきと申します。
「狼陛下の花嫁」の二次小説を書いています。
楽しんでいただけたらと思います。

四季の風景時計

訪問者数

現在の訪問者数

現在の閲覧者数:

最新記事

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

右サイドメニュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。