雪の箱庭

「狼陛下の花嫁」二次小説を書いています。SNSで書いたものを掲載します。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第63話感想

皆様今日は( ̄▽ ̄)
今日、本誌をgetしてきました!
早速読みましたよー。

いやぁ・・・面白くなってきましたね!
こういう展開、私大好きです(*´Д`)
サスペンス的な?感じ。


さて。
それでは感想参りましょー!
あ。
ただ、感想と言っても所詮私の感想なので、読んでない方は

「・・・何これ?」

と思うかと思います( ̄▽ ̄;)

本誌を片手にお読み下さると、リアルタイムで私の心境が分かります(何のこっちゃwww)


ネタバレしてるので、まだ本誌を手に入れてない方やコミックス派の方は空回り・・・じゃなくて右に回ってお帰り下さいませ( ̄▽ ̄)


――――――――――――――――――――――――――――――――

第63話感想

とてとてと近づいてくる妟流公・・・可愛いですね!
でも、ここで「この子ももしや2重人格?!」と思った私は、大分心が汚れたと思います(笑)←

だって何だかしょぼんとする→夕鈴が宥める→ご機嫌になる

この流れが陛下とそっくりなんですものwww
嫌だわwww

そして始まる兄上自慢。
この子は純粋に陛下を慕っていそうですけどね・・・何とかならんかね←誰に言ってるの?


そして夕鈴が妟流公を励ますシーン。
これ・・・浩大が見ていてはらはらしたんじゃないかと(笑)
おいおい、そんなこと言っちゃって良いのかよ、あちゃー・・・みたいな(笑)

というか、回想の浩大さん。

『しっかしへーか デート楽しそうだネー』

とか言ってますよww
そうか、この陛下はそんなに浮かれている陛下なのかwww

夕鈴と蘭瑶さんの簪選び(違w)
蘭瑶さん・・・分かってて言ってないですか?w
わざとったらしくて黒いと感じるのは私の気のせいですか?

「後宮」

って単語が出てますよー(笑)
いや、多分他意は無いとは思いますが←

心の中の李順氏。
容赦ないですねー。
それにセルフツッコミしている夕鈴も面白いですが(笑)

それにしても夕鈴。
蘭瑶さんと盛り上がる話が子育ての話って、年頃のお嬢さんとしてどうなのwww
いや、見ている分には面白いんですがwww

夕鈴回想の陛下。
・・・近いっすよ!!!
これは・・・夫婦演技向上と称して陛下が夕鈴といちゃいちゃしていた、あの時期ですかね?

ほら~、夕鈴が「ただのバイトだったわよね?」とか言ってますよ!疑っちゃうくらいの甘さだよ!
本当、嫁入り前のお嬢さんに何をしてるんだかwww

夕鈴さん、バイトから離れたことでちょっとずつ冷静になってますね。
まあ、あんな環境で平静でいられるはずもないか←


所変わって王宮・陛下サイド。
・・・
・・・
・・・陛下の、蘭瑶さんへの言い回し。

「我が弟の母君」

ってところに、妟流公と蘭瑶さんの違いが出てるなー・・・と思いましたね。

妟流公は、陛下にとってちゃんと「弟」なのね。良かった!
対して蘭瑶さんはその「弟」の「母親」って立ち位置なのね。陛下にとって。
身内だとは思ってないわけですね、分かります←何が?

・・・ん?
それで言ったら夕鈴は「我が妃」って・・・いやでもあれは演技上でも必要だったしな・・・(混乱中)


蓉州・陛下の忠実部下サイド。
ちょっと情報屋さん!
大変な情報じゃないですか!それ!!!

これで闇商人と蘭瑶さんがつながっていると証明できるのかしら?
それtも、証拠が足りないのかなぁ・・・まあ、まだ繋がっていると確信したわけではないですが。
限りなくクロには近いですね(-_-;)

そして、ここで陛下が巻物を流しているシーンもあるということは・・・
この情報、陛下にも行っているんですかね?
・・・となると、陛下は夕鈴が妟流公の元に居るってことは知っているのですかね?

それともこれは知らないのかしら・・・でもなぁ・・・


そして・・・掃除婦は見た!

・・・じゃなかった、聞いてしまった。
蘭瑶さんとどこからどう見ても怪しい類の人が危ないことを喋っているのを。
ふむふむ。どうやら『韋良』という人が一枚噛んでいるらしいですよ。
何だろう・・・どこかで聞いたような・・・違う本かしら←

そして夕鈴はとんでもない話を聞いてしまいます。
どこをどう聞いても王位簒奪の話。
夕鈴は「蘭瑶様の本音がこれなら 妟流公は―――」と考えてますが・・・続きは何に繋がるんでしょうね?
「利用されている」?「これから利用される」?
どっちにしろ、利用、なんだろうなぁ・・・ヤだなぁ・・・

そして件の『韋良様』・・・どうやら地位のある人物みたいですね―――は、とても頼りになる協力者を得ているらしいですよ。
ここでこのシーンは終わってしまいましたが。
きっと夕鈴はばっちり聞いたんでしょうね。

そしてその後。
浩大に抱っこされて(笑)連れられてます。
浩大・・・大丈夫ですかね(・・?←何の心配を…?

そして突撃しそうだったのかwww夕鈴wwwさすがwww
浩大曰く、これで夕鈴の社会勉強は終わり、だそうです。
まぁ・・・危なかったもんね。
浩大も必死だねー。

協力者の話を聞いた夕鈴は

(早くなんとかしないと 王宮がこの先大変なことになる)

「王都に戻らなきゃ・・・!」

と言っております。
・・・ということは、だ。
もうすでに何かが始まっていて、それを食い止めないと大変、ということですね?←何を今更
陛下がきな臭い、と言っていたのもこれかしら。
王都に戻って、夕鈴はどーするんでしょうね・・・
というか、本当に王都にすんなり戻れるとは思えないのですが・・・
そもそも、危険だからって王都から出されたんだし・・・

・・・うーーん・・・(-_-;)


―――――――――――――――――――――――――――――――――――

てなとこです!

自分で書いててあれですが、本当に本誌がないと分からないですよねwww
この書き方www



それでは(@^^)/~~~


スポンサーサイト

*Comment

NoTitle 

こんばんはー。
ネタバレ感想ありがとうございますっ(^^ゞ

うぉぅ、なんだかどんどん話が動いていますねー。
陛下と夕鈴の関係は全く動いてない感じですが、
二人のラブとは無関係な流れも非常に興味あるところでございます。

コミックスでドカンとまとめ読みするのが楽しみです!
  • posted by うりうり 
  • URL 
  • 2014.09/24 22:54分 
  • [Edit]

うりうり様へ 

お読み頂き、恐縮でございますwww
読みにくくないですかwww?

ええ、どんどん話が進んでいます(*´Д`)
もうわくわくでドキドキではらはらですよっ!←落ち着け

コミックスでドカンと読んでまた身もだえする日を楽しみにしてますwww←
  • posted by さき 
  • URL 
  • 2014.09/25 07:21分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

さき

Author:さき
さきと申します。
「狼陛下の花嫁」の二次小説を書いています。
楽しんでいただけたらと思います。

四季の風景時計

訪問者数

現在の訪問者数

現在の閲覧者数:

最新記事

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

右サイドメニュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。