雪の箱庭

「狼陛下の花嫁」二次小説を書いています。SNSで書いたものを掲載します。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第67話感想

皆様お久しぶりでございます( ̄▽ ̄)
・・・覚えておいでですか?さきでございます・・・え?覚えていない?
・・・それではこのまま人知れずフェードアウト・・・

・・・
・・・




・・・

・・・

の前に、本誌の感想といたしますか!←立ち直り早いなwww

本誌は24日の日にちゃんとgetしましたよ~。
今回は夏目友人帳があったので、母にも貸していて感想が遅れたのです( ̄▽ ̄)=3

本屋にて。
・・・皆様、すんなりLaLaを見つけられた人って、どれだけいたんでしょうねぇ?

私は雑誌コーナーでちょいときょろきょろしましたよwww
だって、『LaLa』じゃなくて

『La【頭】a』

でしたものwww
文字と絵の頭で『La』しか読めず・・・「あれ?これじゃない?」ときょろきょろしてしまいましたよwww
何の罠だwwwwwwww

さて気を取り直して、本誌の感想と行きますか!(やっとか)

――――――――――――――――――――――――――

取りあえず、一言。


――――陛下、落ち着け!






それでは順を追って感想を。(↑への説明は一切なしwww)


話は行き成り暴力展開から始まります(え
ついにしっぽを掴んだ闇商人の手掛かり、というか、闇商人そのもの?
克右さんがイキイキしていますねw
やっと見つけたんだものね、慣れない諜報活動してまでwww
怯える経倬さんは置いておきましょう!

そんな怯える経倬兄ちゃんを本当に置いて、闇商人韋良は我先にとさっさと去ろうとします。
それを阻止しようと克右さんも浩大も動きますが(あ、その間に克右さんが経倬さんを捕まえましたw)、闇商人が雇ったごろつき?みたいな人が阻んできたので、取り逃がしそうに。


―――そこに飛んできた、(恐らく)椅子。

・・・
・・・
あー・・・うん。
大体想像ついていたヨ。
狼陛下ダヨ。怖イヨ。
さらに怯えまくって、ズザザザー!と後退って、頭をぶつけて経倬は気絶(ざまあwww)。
一瞬呆けた克右さんと浩大。
「話はあとで聞く。今はさっさと獲物を捕らえろ」(意訳)の陛下の言葉に「はっ」と答えて顔面蒼白な二人。
浩大も青くなるのって、珍しいよね~(笑)


所変わって、部屋の外では。
外野が騒がしい。
そこへ夕鈴登場。
夕鈴に気づいた補佐官コンビ。
その顔は―――やはり蒼白。
って、方淵、お前もか(笑)
水月さんに至っては震えちゃってるよ(あ、これはいつものことかw)
てか、次のコマの陛下の顔怖っ!顔怖っ!

水月さん、思い出すだけで気が遠く・・・って、方淵さん、貴方もそうか!←
夕鈴もツッコんじゃってるヨ!

まあ、陛下としてはこんな場所(妓館)に夕鈴を連れて来た(と思われる)補佐官コンビを許せないんでしょうねぇ←

そして、あれよあれよという間に闇商人は捕まり。
捕まえてうはうはなはずの克右さんと浩大の顔は真っ青。
混乱のさなか、夕鈴はどさくさまぎれに連行され―――――監禁。

――――え(・・;?
今なんか最後の文おかしくありませんでした?

ゴシゴシゴシ (つ₎₎ ・?


(゚д゚)ジー・・・


―――あれ?!
やっぱり監禁されてるね!
夕鈴じゃなくても叫びますよ!これじゃ!
おい、陛下何してるんだ!(`・ω・´)ノシ
ていうか、方淵も水月さんも、諦めろ、的に首を振って・・・
―――あ・・・まあ、うん。そうですよね。
命令違反していたの、夕鈴でしたね。
じゃあ仕方ないか←

檻の中に入れられた夕鈴。
そこに颯爽と老師が登場!

「ふははは!叫んでもムダじゃ 助けなど来んわい!」

・・・どこの悪役の台詞ですかwww
そうか、言ってみたかったんですねwww←

そして老師が居ることで、夕鈴はここが後宮の中だと知ります。
でも牢屋?!でも中は綺麗!?と混乱中(ぷくく)
老師は後宮の歴史じゃから、と言っています(そこをもうちょっと詳しく・・・←)

老師は『監禁』という単語にどきどきわくわくしていますが。
夕鈴は気が気じゃない。ま、当事者だしね。
他のみんなの事が心配だそうです。流石、夕鈴。
でも牢屋(というか、檻)に入れられてるのは夕鈴のみで、他のみんなは馬車馬のように働いているそうな(おい、そんなこと書いてないぞwww)

そして夕鈴はこうなった経緯を考えます。
一人牢屋に入れられた自分。

『これはもう全部君が悪い!!』

と言い放った陛下。

→→→→→ってコト!?責任取って捕まっていろ、的な!?

でーすーよーね!
そうなると思っていたヨ!
そして夕鈴は大混乱。
その混乱の内容は、本誌かコミックスで確認してね☆←


それから数日間、夕鈴は檻の中で過ごします。
あ、もうこの時には妃衣装っぽいですね。
そして老師の話によると、陛下の様子が面白いそうな・・・
・・・まあ、後々のあの陛下を見たら、流石にこの時どんな状態だったのか分かりますよwww

牢屋でやる事のない夕鈴は、一人思い馳せます。
蘭瑶さんの件。
妟流公の件。
柳家の事。王宮の事。
そして自分の事。

そこにドタバタと老師がすっ飛んでくるwww
どうやら陛下が来るようですよ。やっとか!
心の準備を!という老師。
夕鈴は覚悟を決めます―――怒られる覚悟を。
・・・あれwww?
老師と夕鈴の間に高くて越えられない壁が見える・・・


怒られると思っていながらも、夕鈴は陛下が訪れるのを待っています。


『―――でも やっと本当に 会える』


そこにやって来た陛下。
おお、何だか爽やかですね。
光を受けて、颯爽と――――・・・だがしかし←

やっと会えた、と夕鈴が涙を浮かべた瞬間、その爽やかさはフェードアウトwww
思いっきり赤面して顔を逸らしますwww

おいwwwwwwwwwwwwwwwwwww
こらwwwwwwwwwwwwwwwwwwww


それに衝撃の夕鈴さんwwwww

しかも―――――どんどん開いていく、二人の距離。



おいwwwwww陛下wwwww
そわそわしながら去ろうとするなwwwwwwwwwwwキモチワルイwwwwwwwwwwww


『え!?さっき近づいてきたのに元来た方に戻ってない!?』

本当だよwwwww
ページ戻したら、確かに距離が開いてるよwww
それに大ショックの夕鈴。
もう昔みたいに接して貰えないのだと、顔も見たくないくらい怒っているのだと、涙がじわわ…と。
それに慌てる陛下wwwwww

ああwwwww
駄目だ笑いが止まらないwwwwwwwwww

そして陛下wwwww
お前さん、それ絶対フィルター入ってるだろうwwww
なんだ夕鈴の後ろの花はwwwwww牡丹かwwwwww←そこじゃないw


どうやら陛下は先月号から壊れた様子。
時間置いて心情的に落ち着いてから来たようですが、まだ早かったようです。
そうか、陛下には一月も短いくらいの出来事だったのか←違w

『まだダメだったかもしれない!』

そんなにはっきり言う事かwww
いや違うな。
はっきり言う事がそれかwwwwwwwwwwwwww

とりあえず陛下の弁明。
どうやら檻に入れたのは、夕鈴が何をしでかすか分からないから、だそうな。
うん、それにしても、檻は無いよ←
要は、言い訳なんですね分かります←

弁明する間も陛下は夕鈴の方を見ない(正しくは、見れないwwwww)

『… …君が いいと言うならそちら側に行くけど』

おや、この陛下は何だか可愛いですね。
あざといですけど←

夕鈴は「え?捕まってる私が決めるものなんですか?ソレ」と正論を言っています。
うん、良いんだよ夕鈴。
陛下は免罪符が欲しいだけだから←
それに気づかない夕鈴は、このままでは話しにくいと一言。
それに対し陛下は、大きなため息。
そして、檻の中へ。


陛下は話します。
夕鈴が見てきたこと、聞いてきたことを、聞いたと。
そして夕鈴は言います。
弟は・・・妟流公は、この件には無関係だと。
陛下は弟も疑っている的な発言をするけど、夕鈴は必死に妟流公の想いを伝えます。
それでも頑なに冷徹な判断を下そうとする陛下。
それでも夕鈴は、弟さんはかわいいと、陛下の弟は可愛かったと。
切り捨てないで、諦めないでと。
涙を流して必死に訴えます。
一人になろうとする陛下を止めるために。

その涙を見た陛下は夕鈴に話をすることを告げます。
弟の事、この数日の事―――自分の事を。
その瞳は不安気で。


――――しかし、どうやらちゃんと話しきれるかは、不安らしいですよ、陛下曰く。
夕鈴は分かってないですがね。
――――私も分かってないですがね!
こら!陛下!
話はちゃんと最後まで話しなさいよ!?
というか、近い!!!


というところで。
待て!次号!!!です!!!


―――――――――――――――――――――――


ふぅ(  ̄▽ ̄)=3

大分話がまとまってきましたねぇ。
この二人がまとまるには、まだまだかかりそうですがねwww
何せ高い壁がwwwwwwwwww色々とwwwww


今日はこの辺で( ̄▽ ̄)



スポンサーサイト

*Comment

NoTitle 

ふふふふふf・・・・・・っ。
おひさしぶりですわね・・さきさん。
どうしてらしたのかしらん?お仕事お忙しいのね?

今月号の陛下・・・・なんですかぁ!!??///
かわいいぃぃぃぃ!!な状態の私。(笑)

確かに陛下的フィルターかかってますね(笑)
そうかそうか、そんなに可愛く見えてるんだね?って納得しちゃうよ~←

次号も楽しみですよね~^^
  • posted by ママ 
  • URL 
  • 2015.01/27 16:06分 
  • [Edit]

へへへ 

お久しぶりです!さきんこさん♪
私もようやくママさんから読んでも辛くない!と御墨付きを貰って、今月号を購入しました!(*^-^*)
陛下大好きな私としては、もうキュンキュンしながら読むしか出来なかった!(*≧∀≦*)
来月はどんな展開から始まるのか?!
陛下は突き飛ばされるのか?
それとも赤面の可愛い夕鈴が見れるのか?
今から楽しみだ!(*^-^*)ではではまた来ますね♪
チャオ♪
  • posted by 虹ママ 
  • URL 
  • 2015.01/28 22:54分 
  • [Edit]

ママ様へ 

ふふふふふふふふふ(略)←
お久しぶりですね、ママさん( ̄▽ ̄)
仕事・・・忙しいですよ~・・・やっとこさの2連休でしたからね(-_-;)

流石に今月号の陛下は、私も可愛く見えましたよ。
こうなると、普段どんだけ可愛くないんだって話ですよね←え?違う?

次号がとっても楽しみでなりませぬ!
  • posted by さき 
  • URL 
  • 2015.02/01 16:58分 
  • [Edit]

虹ママ様へ 

へへへ~( ̄▽ ̄)
お久しぶりです♪虹ママさん♪

辛くないどころか、もう身悶えものじゃないですか?!あれ!

行き成り突き飛ばされる陛下・・・私的にはありですが←
流石に可哀想な・・・(同情の眼差し)
いとあはれなり←

楽しみですね!
ではでは(@^^)/~~~
  • posted by さき 
  • URL 
  • 2015.02/01 17:00分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

さき

Author:さき
さきと申します。
「狼陛下の花嫁」の二次小説を書いています。
楽しんでいただけたらと思います。

四季の風景時計

訪問者数

現在の訪問者数

現在の閲覧者数:

最新記事

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

右サイドメニュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。