FC2ブログ

雪の箱庭

「狼陛下の花嫁」二次小説を書いています。SNSで書いたものを掲載します。

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

呪詛 6

皆様お晩です( ̄▽ ̄)
いやはや・・・こちらの更新、久しぶり過ぎて私も内容が分からなく(ry

どれくらい久しぶりかって・・・もう1年以上経っていました!!
長すぎでしょう!
・・・って、考えてみたら、その頃からすでに忙しくなっていたんですよね(;^ω^)
以降は感想ばかり。
・・・怠けすぎました・・・

でも!
今日は一味違います!(何が)

やっと!!!
続きを更新( ̄▽ ̄)=3

久しぶり過ぎて内容覚えてない、と言う方。
どうぞ目次の巫女さんからどぞ~( ̄▽ ̄)


それではどうぞ!

―――――――――――――――――――――――――――


何と、入ってきたのは先ほど仕事に行ったはずの陛下であった。
何でここに…そう思う間もなく、陛下は私の傍まで一気に歩を進め、私の手の中にあったお菓子を取り上げた。

「あっ」
「…これは?」

訝しげに取り上げたお菓子を見る陛下。

「…え?―――あ、え、これは、陛下が私に…と聞きましたが…」
「私はこんなものを贈った記憶は無い」
「―――え?じゃあ誰が…」
「そもそも…これは…」

陛下が贈ったのではないのなら、誰がこれを?
そう思った私は、陛下がそのお菓子を食べ始めて驚いた。

「陛下?そんなにこのお菓子が食べたかったのですか…、――えっ?」
「―――やはり、毒か…」

お菓子を咀嚼していた陛下が顔を歪めたのを見た夕鈴は目を瞠る。
そして陛下の言った「毒」と言う言葉を聞いた瞬間、陛下の袖を掴んだ。

「なっ…毒って分かっていたなら、何で口にしたんですかっ!」
「確かめるためには、食べるしかないだろう?」
「そんな…!気持ち悪くは無いんですかっ?吐き気は?どこか苦しい所とかはっ?!」

陛下の顔や首、手や肩を触って、どこかに障りがないかと確かめる夕鈴。
どうやら、特に問題はなさそうだが…でも、自分は専門家ではない。
霊だの怪異だのには慣れているものの、毒や薬の扱いは素人だ。
もしかしたら、自分では分からない些細な変化があるかも。
こうしては居られない、すぐに医者を―――
そう思ってきょろきょろと辺りを見渡し、駆け出そうとしたが、すぐに陛下に腕を掴まれた。

「待て。私から離れるな。―――どのような輩が潜んでいるか分からない」
「ですがっ!今は陛下のお身体が…」
「私は大丈夫だ。―――この程度の毒なら、慣らしてある」
「――っ」

毒を慣らす―――
聞いたことがある。要人は、毒による暗殺を避けるために、幼い頃から少量の毒を取り続け…体に慣らすのだと。
それを聞いた時、偉い人も大変だと他人事だった。でも、今は―――今目の前に居る人が、そのような大変な思いをしてきたのだと思うと、胸が詰まった。
心配そうに見上げる夕鈴の頭にぽんと手を置き、微笑んで見せる黎翔。
しかしすぐに視線を夕鈴から移し、見据えた先に鋭い眼差しを向ける。

「その女官を捕らえよ」

狼陛下の声音で、固まっていた女官は頽れた。



――――――――――――――――――――――――

短いですがキリの良い所で( ̄▽ ̄)
短すぎにもほどがありますが←
続きは、また今度という事で!

・・・というか、1年前の自分は、とんだところで切ったんですねwww
もやもや?


それでは~(@^^)/~~~


7へ続く
スポンサーサイト

*Comment

NoTitle 

モヤモヤモヤ・・・っ。
今度はいつまでモヤモヤさせるのかしら?(>_<)

随分と忙しい日々が続いてたのね?
うんうん、元気ならよいのです。あら、洗脳は完了いたしまして?さすがさきさん・・ご自分で洗脳できるなんて素晴らしいわ!隠密の要素がありますのね?(笑)

陛下はこうやって夕鈴の心に浸透していくのですね?
そしてそんな夕鈴の優しさに陛下は心惹かれて・・・キャッ。//
次回は長めにしてください←要望(笑)

ええ!もちろんさきさんと女将さんと一緒したいです。
今、色々あちこちとフラフラ気になっていることがありまして、
陛下一筋と言うわけではないんですよね~・・。
夕鈴と陛下が落ち着いたと言うのもありますが。
続きは待ってて・・・・・・

いいかな~??
  • posted by ママ 
  • URL 
  • 2015.08/18 22:04分 
  • [Edit]

ママ様へ 

遅れまして本当にすみませ~~~んっっm(;__)m!!!
何だか最近うちのノーパソ重くて・・・
開くのが億劫になっていたら、こんなに間が空いてしまいました(;´・ω・)

次は長めにしたいですが・・・その次がいつになることやら・・・
今、別の小説を書きたい衝動に押し流され、押し流されております(大事な事なので二回)

陛下、夕鈴には結構心開いているんじゃないかと思います。
多分・・・←曖昧 ←おい

続きは、おまちくださ~い(;><)
  • posted by さき 
  • URL 
  • 2015.10/02 00:41分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

さき

Author:さき
さきと申します。
「狼陛下の花嫁」の二次小説を書いています。
楽しんでいただけたらと思います。

四季の風景時計

訪問者数

現在の訪問者数

現在の閲覧者数:

最新記事

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

右サイドメニュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。